Risingバディ(虎徹)のカニ帽組み立て調整について

説明書に記載しているカニ帽の組み立てについて可動するハサミ部分の調整の仕方を解説します。画像はクリックすると別ウインドウで大きい画像が開きます。

本体のゲート処理と穴開け
kh01.jpg
ゲートなどの不要部分を削り取ります。上部の厚みがあるゲートはニッパーでカットすると断面がつぶれる事があるため、少し余裕を残してカットし、板に紙ヤスリを貼ったもので削って平面を出すと良いでしょう。外側は前後パーツを組み合わせた状態でスポンジペーパーを当てます。
kh02.jpg
ネジ用の穴を1.0mmドリルで垂直に開けます(穴が垂直で無いとハサミを取り付けたときに傾いてしまうので注意)。深さは4.0mmです。深さを決めて穴開けをする方法はサポート記事2で取り上げていますのであわせて目を通しておいて下さい。

ハサミパーツの穴開け
kh03.jpg
ハサミ下パーツの2カ所に1.2mmドリルで穴を開けます。
kh04.jpg
ハサミ上パーツの2カ所に1.2mmドリルで穴を開けます。説明書でも記載していますが、写真右のようにハサミ下パーツを挟んだ状態で穴開けをすることで、ハサミ上パーツの根元の破損防止になります。

ハサミパーツの下処理
kh05.jpg
ハサミ上パーツの可動部(円筒形部分)にあるパーティングは削り取って下さい。
kh06.jpg
ハサミ上パーツはエッジ部分にパーティングがあるため一見わかりにくいです。ハサミパーツを染色する場合は、染色後のパーティング処理は出来ない(削ったところが色落ちする)のでスポンジペーパーなどを用いて事前にしっかりとキレイにしておきましょう。

カニ帽前パーツの調整
kh07.jpg
まずハサミパーツをネジ止めします。下ハサミを指で持ち上げて離したときに自重で落ちてこない場合はネジを締めすぎていますので少し緩めて下さい。ハサミを上下させて側面根元が引っかかっている場合には画像の色がついている部分を削って下さい。
kh08.jpg
下ハサミを指で持ち上げ離したときに、上ハサミが自重でストンと落ちる様に調整をします。円筒側面が接触していると引っかかって動きが悪くなるので、色のついた部分を削ります。モーターツールがあると円筒の壁部分を削りやすいので便利です。無い場合は丸棒に紙ヤスリを両面テープなどで貼り付けて削ります。


カニ帽後パーツの調整
kh09.jpg
前パーツ+ハサミを組んだ状態でスムーズに動くまで調整が終わったら、後パーツを嵌めてみてまた干渉部分を調整していきます。ピンク部分は前パーツと同様の調整となります。ネジ止めの穴開けが垂直で無いとネジの頭が水色の部分とぶつかることがありますので、その場合は2.5mm等の少し太めのドリルで穴を広げてやります。

干渉部を削ることで下の動画のように自重でスムーズにハサミが戻るようになれば調整終了です。
スポンサーサイト

胸像塗装見本の使用塗料レシピ

遅ればせながら展示塗装見本のレシピをまとめました。
記号や数字は塗料ナンバーで、注記が無いものはGSIクレオス、他メーカーは括弧付きで表記しています。
クリックすると大きな画像が開きます。

01colorN.jpg"02colorN.jpg"
03colorN.jpg"06colorN.jpg"
07colorN.jpg"08kcolorN.jpg"
08bcolorN.jpg"09colorN.jpg"

画像には入っていませんが、各胸像に共通の要素は以下となります。
胴体側面         :339エンジングレーFS16081
台座            :GX2ウイノーブラック→光沢クリア
メイク(上瞼アイライン)  :22ダークアース+42マホガニー
                →42マホガニーの割合を増やすと目力アップ
メイク(下瞼アイライン・二重瞼のライン・閉口・鼻の穴・耳の穴等)
                :43ウッドブラウン(薄めて)

見本ではメイクをラッカーで行っていますがタミヤエナメルでやる場合は以下になります。
メイク(上瞼アイライン)  :XF10フラットブラウン+XF64レッドブラウン
                →XF64レッドブラウンの割合を増やすと目力アップ
メイク(下瞼アイライン・二重瞼のライン・閉口・鼻の穴・耳の穴等)
                :XF52フラットアース

必ずしも見本通りに塗らなければいけない訳ではありませんので、塗装例として参考にしていただければ幸いです。

サポート記事その7(ドールアイ加工バリエーション)

サポート記事6で解説したドールアイ風加工のバリエーションを紹介します。

虹彩を大きめにする
dolleye01.jpgdolleye02.jpg
サポート記事6の下準備説明と同じ画像ですが、切削スチールバーで虹彩の径を大きくします。写真は2.5mm径の切削スチールバーですが虹彩の径によっては深くなりすぎるので、3.0mm径程度を使った方が良いかも知れません。少し削っては顔にはめて、少しずつおおきくしていきます。
big_eye.jpg
虹彩のモールドを大きくした例が画像右となります。ちょっとした差ですが、表情が柔らかい感じになります。

能力発動
blue_eye.jpg
ラッカー系塗料の蛍光カラーはブラックライトに反応することを利用すると、発光する眼球を作ることが出来ます。蛍光カラーはGSIクレオスとガイアカラーでそれぞれラインナップされてますが、蛍光ブルーはガイアカラーのみ出ています。
注意点としては蛍光ブルーを塗った工程でブラックライトを当てて発光にムラが無いか確認することです。

暴走カラー
fluorescent1.jpgfluorescent2.jpg
蛍光カラーは混色すると発光色は白に近づいていくため、発光色と未発光色(=見た目の色)を蛍光カラーの混色で合わせるのは困難です(未発光色は減法混色だが、発光は加法混色)。一方蛍光カラー以外の色を混ぜたり、上にクリアカラーを重ねたりすると発光が著しく弱まります。したがって蛍光カラーがそのまま使えない場合は発光色と未発光色を別々にコントロールする必要があります。画像は蛍光カラーと発光色の比較です。
red_eye.jpg
ガイアの蛍光色はクリア系で下地の隠蔽力が弱いことを利用して、暴走カラー(TV14話)をつくってみます。ホントは深紅に光らせてみたいですが蛍光マゼンダが無い(蛍光レッドも蛍光ピンクも発光色はグリーン成分が入ってオレンジ気味に発光する)ので発光色が赤に近い蛍光レッドを使い、下地にあずき色を塗ることで未発光時には深紅になるように調整をしています。

またドールアイ風加工の留意点として、UVレジンをのせることで虹彩の色が若干暗くなります。UVレジンは透明ですがも虹彩部分が凹になっている部分は厚みのせいで透過率が落ちるようです。したがってラッカー系塗料で塗る際には気持ち明るめにした方が良い結果が得られます。

サポート記事その6(ドールアイ加工)

サポート記事4では可動眼球の組み立てを取り扱いましたが、本記事では彫刻入りの眼球をドールアイ風に加工するやり方を解説していきます。

塗料の種類(ラッカー系)
mr_color.jpggaia_color.jpg
模型用塗料として広く使われているのが「ラッカー系塗料」です。溶剤の蒸発により塗膜を形成し、速乾性が高い、食いつきが良い、塗膜が強い(他の塗料に侵されにくい)という特徴があります。正確にはアクリル樹脂塗料で「ラッカー塗料」とは別物ですが、模型の中ではこの名称が定着しているため本記事でもラッカー系と表記します。
現行もっとも普及しているのは写真左の「Mr.カラー」-GSIクレオス(旧:グンゼ産業)で、基本色から専用色、特殊色など多くの色が用意されています。右側は「ガイアカラー」-ガイアノーツで、こちらも豊富な色数がありMr.カラーには無い色もあったりします。相互に混色もでき、溶剤(薄め液)も共用可能です。

塗料の種類(エナメル系)
enamel.jpg

「エナメル系塗料」は、空気と触れることで塗膜を形成する塗料で、塗料の伸びがよい、発色が良い、浸透性が高い、塗膜が弱い(下地塗料を侵さないが、上に他の塗料を重ねることはできない)という特徴があります。
写真はタミヤエナメルカラーです。溶剤は専用の薄め液を使います。エナメル系には他にもイギリスのハンブロール社のものなどがありますが、日本では取り扱い店が少ないので入手しづらく基本タミヤ一択となります。

ラッカー系とエナメル系はそれぞれ特性が異なりますが、本記事では両者の特性を生かすことでドールアイ風加工をしていきます。

下準備
dolleye01.jpgdolleye02.jpg
サポート記事4の最後と重複しますが、虹彩および瞳孔のモールドをカッチリさせます。ここでは虹彩部分に切削スチールバー2.5mm径を、瞳孔部分に0.8mmドリルを使っています。それぞれ工具が必要なため必須作業とは言い難いのですが、特に瞳孔部分はやっておくとこの後の塗装が楽になるのでオススメです。
dolleye03.jpg
虹彩および瞳孔のモールドをカッチリさせた状態。余談ですがこの後の作業は、写真のように目玉クリップで咥えてやるとやりやすいです。

虹彩の塗装
dolleye04.jpg
まず最初に虹彩を「ラッカー系塗料」で塗装します。筆で塗っていきますが、この時点ではハミ出しても問題ないですので厚塗りにならないようにだけ気をつけてください。
ラッカー系の塗料は溶剤が揮発して濃度が高くなっていることが多いので、薄め液である程度希釈して塗りやすい濃度にしてあげます。Mr.カラーの未開封10mlは瓶の肩口の径が狭くなるところまで入っているのが適正ですので、開封時にここより液面が低い場合は既に濃度が上がってると考えてください。
dolleye05.jpg
乾いたらハミ出し部分をスポンジペーパーで削り落とします。ULTRAFINE(#800~#1000相当)が良いでしょう。

dolleye06.jpgdolleye07.jpg
次はバーナビー用に、ヘーゼル風(瞳孔付近と周辺で色味が変わる)で仕上げる例です。ここではMr.カラーの薄茶色(51)、キアライエロー(GX4)、モウリーグリーン(GX6)を使いました。
塗料皿(金属製)に少量づつ塗料を出して混色しながら塗っていきます。最初は中央に近い色を塗って、緑味を増やしながら少しずつ中央を塗り残す感じで塗り進めます。パレット代わりに梅皿を使うのも、溶剤に強いので良いでしょう。使い捨てパレット(プラスチック製)はモノによっては溶剤で溶けるので注意です。

dolleye08.jpg
過程を並べるとこのようになります。特に華麗な筆さばきがなくても、最後にハミ出しをスポンジペーパ-で磨き落とすと結構それっぽくなります。

瞳孔の塗装
dolleye09.jpg
瞳孔はエナメル系塗料で塗っていきます。虹彩同様にハミ出しを気にする必要はありません。乾いたらエナメル系薄め液またはぺトロール(油絵具用の揮発性油)を綿棒に含ませて、ハミ出しを拭き取ります。ラッカー系の方がエナメル系より塗膜が強固なため、ラッカー系で塗装した部分にダメージを与えずにエナメル系塗料だけを除去することができます。今回の方法では特段難しい筆さばきは必要ありません。

UVレジンでのコート
dolleye10.jpgdolleye11.jpg
最後に虹彩部分と表面をUVレジンでコートします。UVレジンは紫外線で硬化する樹脂で、ネイルアートの表面保護などに使われているものです。硬化時に収縮するので一度に厚く盛ると浮いて気泡が入ったような仕上がりになってしまいます。面倒でも数回に分けて塗布しましょう。ここではガイアノーツのUVジェルクリアを使っています。虹彩部分に盛り足していって、球形になったところで全体を薄くコートします。

ドールアイ加工は以上になります。虹彩の部分を凹みにしてあることで、単色で塗っても自然に影ができてリアルな眼球になりますので是非チャレンジしてみてください。

サポート記事その5(眼球の取り付け)

次は可動眼球の取り付けです。難度的に当キットのヤマですが、当記事をよく読んで落ち着いて取り組みましょう。

顔パーツへのネジ穴開け
eye_mount01.jpgeye_mount02.jpg
可動眼球を固定するフレームを顔パーツにネジ止めするための穴を開けます。透明樹脂の治具(版権刻印有り)を顔にはめこみます。穴の深さは、ネジの長さに合わせて治具表面から4mmです。顔の表面まで穴を貫通させないようにドリル刃にマスキングテープを貼ると良いでしょう。

eye_mount03.jpgeye_mount04.jpg
治具の四隅の穴をガイドに1.0mmの穴を垂直に開けます。テープが治具表面にぶつかったら、必要な深さまで穴が開いたことになります。

eye_mount05.jpgeye_mount06.jpg
実際にはドリルの摩擦で治具が浮いてくるので、指で押さえながら穴開けをして下さい。写真のように四カ所穴が開けばOKです。

フレームの穴開け
eye_mount07.jpgeye_mount08.jpg
フレームの四隅には0.8mmの穴が開いてますので、1.2mmに拡げます。樹脂パーツはレジンパーツと違って柔軟性が無いため、切れ味が悪い刃を使うと割れる恐れがあります。不安な場合は1.0mm>1.2mmと2段階に分けて穴を拡げるとパーツへの負担が少なくて済みます。接触面はカエリが出ていることがありますので、堅い板の上などに置いた紙やすり(#320~#400位が適当)の上で平らに削ります(傾けないように注意)。

眼球/フレームの取り付け
eye_mount09.jpgeye_mount10.jpg
フレームは写真の色を付けた5カ所で可動眼球パーツと接触します。顔に眼球を視線をまっすぐにした状態でセットし、その上にフレームを被せて下さい。眼球の大きく視線が振られていると上手く固定できないことがあるので注意して下さい。

eye_mount11.jpgeye_mount12.jpg
フレームの対角二カ所(右上&左下 か 左上&右下)をネジ短で締めます。レジンパーツの1.0mmの穴はネジより細いため締めることでねじ穴になります(レジンの柔軟性を利用しています)。締めすぎるとねじ穴の山がつぶれて固定できなくなるので、力加減に注意して下さい。適切な大きさのドライバーを使うことで、不要な力がかかるのを防げます。
フレームには四隅に穴がありますが、対角二カ所で充分な強度で固定できます(ネジはフレーム一つに対し二個同梱されています)。万が一締めすぎてねじ穴がダメになってしまった場合は、残りの対角穴を使って固定して下さい。

眼球取り付けの完成
eye_mount13.jpg
表から見たところです。写真は彫刻入りの眼球にドールアイ加工(別途サポート記事で解説)をしています。眼球は完成後も自由に交換が出来ます。

eye_move.jpg
裏側からピンセットなどで押してあげることで、左右が連動して眼球を動かすことが出来ます。
プロフィール

Daedalus_Factory

Author:Daedalus_Factory
Daedalus Factory(ダイダロス ファクトリー)

WF2015Wより活動開始
シュテルンビルトにある架空の玩具メーカーという想定です。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR