サポート記事その4(可動眼球の組み立て)

いよいよ可動眼球の組み立てに入っていきます。当キットは通常のガレージキットにはない「可動眼球」「表情交換」といった機構を取り入れているため、抜きや可動部精度を考慮して組み立て時にユーザーで穴開けなどをする工程があります。手間はかかりますが難しくはないので説明書およびサポート記事を読んでトライしてみて下さい。なおキットには虹彩彫刻有りが二組・彫刻無しが一組入ってますが組み立て方は同じです。

眼球パーツへの穴開け
eye_assemble01.jpgeye_assemble02.jpg
可動眼球パーツは抜きの関係で注型時には穴が開いていません。凹みをガイドにして1.0mmの穴を開けて下さい。

eye_assemble03.jpgeye_assemble04.jpg
穴開けは必ず凹みをガイドにして、上下それぞれから開けます。片方から反対側まで貫通させようとすると、内側には凹みが無いので刃がずれて軸が傾く恐れがあります。
穴が開いたら仮にプラ棒を通してみます。模型用のプラ棒は太さに0.1mm程度の誤差があるため、場合によっては1.0mmの穴だとプラ棒が入らないことがあります。その場合は0.1mm太いドリルで穴を開けて下さい。ただし穴が大きすぎると接着のときに余分なところまで接着剤が流れる恐れがあるので、ちょっとキツイかな?位までに留めておいて下さい。

ステーへの穴開け
eye_assemble05.jpgeye_assemble06.jpg
ステーは0.8mmの穴が開いてますので1.1mmまで拡げて下さい。ステーの穴がキツイと可動がスムーズにいかないので眼球より0.1mm太い刃を使います。穴が開いたらプラ棒を通して確認します。ステーがストレス無く動くことを確かめて下さい。キツイ場合は眼球同様に0.1mm太いドリルを使います。

組み立て(軸通し)
eye_assemble07.jpgeye_assemble08.jpg
眼球とステーを組み合わせて、プラ棒を通します。説明書に書いてある眼球の内/外とステーの前/後の向きを確認して下さい。組んで眼球を前に向けたときステーの後ろ側にアーチ部分がくるのが正しい向きです。正しい向きで組めたら、少し余裕を持たせてプラ棒をカットします。

軸の接着
eye_assemble09.jpgeye_assemble10.jpg
軸の接着には瞬間接着剤を使います。ノズルなどから直接つけると出過ぎて危ないので、接着剤が染みこまないものの上に少量出して、尖ったもの(使い古しのデザインナイフの刃先など)でプラ棒と穴の境界の部分に少しづつ付けます。接着剤が固まったらプラ棒の余剰をカットして完成です。

パーティング処理
eye_assemble11.jpg
眼球のパーティングラインが残っていると可動に支障をきたすので、パーティングラインを消して下さい。組み立て前で無く軸の接着後に作業を行った方が、持ちやすいので楽に出来ます。スポンジペーパーのSUPER FINE(#320~#600相当)あたりが良いでしょう。

プラス一加工
eye_assemble12.jpgeye_assemble13.jpg
虹彩や瞳孔のモールドはそのままでも問題ないですが、よりハッキリさせたい・大きくしたいといった場合には写真のようにドリルやルータ用刃(写真は浦和工業の超硬カッターHC104テーパー型)でさらって下さい。電動でやると刃が滑って危ないので手持ちで。

eye_assemble14.jpg
分かり難いですがビフォーアフター。瞳孔をドリルでさらうのは、ドールアイ加工で説明するエナメルスミ入れが楽になるのでオススメです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daedalus_Factory

Author:Daedalus_Factory
Daedalus Factory(ダイダロス ファクトリー)

WF2015Wより活動開始
シュテルンビルトにある架空の玩具メーカーという想定です。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR